相続税について知っておきたいこと

相続が起きたとき、発生することがあるのが相続税です。
身内で亡くなった方が出て、その人の財産を受け取ったら、その財産の金額に応じてかかるのがこの税金になります。
これは絶対にかかるわけではないのですが、一定金額を超えた遺産を受け取った場合、それにはもれなく課税されます。
実際に現金の納税が必要になりますから、そのときにお金が足りないといったことがないよう、いくらほどかかるのか、やはり事前に知っておきたいですよね。
参考サイト:事前に知っておきたい相続税について

これについては、税率をご紹介しておきましょう。
税率は課税対象となる遺産金額に応じて決まる仕組みで、これがたとえば1000万円以下なら、税率は10%、控除額はナシです。
これを最低区分とし、課税対象の遺産金額が増えるほど、税率が上がる仕組みです。
対象の遺産金額が3000万円以下なら、税率は15%、控除額は50万円となります。
5000万円以下となると税率は20%、控除額は200万円です。
さらに1億円以下となると税率は30%、控除額は700万円です。
その後、さらに2億円以下、3億円以下、6億円以下、6億円超といった区分があり、それぞれで税率が上がっていき、最終的には55%の税率となります。

これは高いのか、低いのかでいうと、やや高い方です。
特に課税対象になる遺産の金額が高くなるほど、税金も高くなる仕組みです。
最高税率は55%となり、課税対象額の半分以上が相続税として納税する必要がありますから、高額な遺産相続が起きたときなど、金額には注意が必要ですね。

このようにやや高くなることもある相続税ですが、そうなると払えなくて困ることがありそうですよね。
これについては、遺産の内容が不動産や株など、現金以外のものが大半を占めるなど特殊な例を除いて、あまり心配はいりません。
たとえば遺産の総額のほとんどが現金だった場合を考えてみてください。
これを相続したことで仮に相続税がかかったとしても、その納税資金は、今まさに相続したその現金の中から出せばいいわけです。
先にご紹介したように、相続税は課税対象額の何%という形でかかります。
相続した資産の全額が課税対象額になるわけではありませんし、その一部の課税対象額のさらに一部が税金としてかかる形になりますから、その相続した資産があれば、納税には問題ないことになりますよね。

相続税の基礎控除について

このような仕組みになっていますから、納税できなくて困るというケースは、それほど多くありません。
これがありえるケースとは、現金以外の資産が遺産になった場合などです。
このときも相続税の納税は原則現金となり、それ以外の資産で納税するのは原則不可ですから、その遺産の価値に応じて計算した税額を現金でなんとか用意しないといけません。
このとき、相続した資産がすぐに現金になるとは限りませんから、高額な不動産を相続したときや、多数の不動産を一度に相続したときなど、納税のための現金が用意できないといった事態も起こるわけです。

このような特殊なケースに当てはまらない限り、基本的には相続税が納税できなくて困ることは、それほどありません。
その点は安心できるのですが、もし不動産を相続するなど、何らかの理由で相続税額を用意できないことがあれば、どうしたらいいでしょうか?

このときの対応として、相続した資産を相続人が売却できることを知っておくといいでしょう。
故人が残した資産を、その形のままで受け継ぐ必要はありません。
たとえば遺産となった不動産などがいらないと思えば、それを売却してもOKです。
そうするとその資産が現金に換わるため、その中から納税資金を用意できます。

このような方法のほか、相続税を支払うのが難しいと認められる客観的な理由があれば、税務署の方で延納を許可されることもあります。
これも知っておきたい相続税のポイントですね。
この税金は基本的に現金一括納付となりますが、先の例のように、不動産など特殊な資産が大半を占める相続となり、なおかつ多額の相続税が発生するなど、支払いが難しいと認められる状況があれば、納税額の分割払いができることもあるのです。

例外的な支払方法になるため、可否は税務署の判断となりますが、現金一括納付が難しいのが明らかな状況なら、これが認められる可能性は十分にあります。
これがもし認められれば、このときにかかった相続税を何年かの分割払いとできますから、働いており、毎月の収入がある方なら、相続したその資産を売却しなくても、自力で税金を払えたりするわけです。
相続した不動産などをできるだけ処分せず、なおかつ一括で払えない税金を支払う方法として覚えておくといいですよ。

なお、やはり相続税は現金一括払いが基本ですから、延納をした場合、利子税を負担しないといけません。
これは借金をしたときにかかる利子と同じものです。
長期の分割払いをするほど税額が余分にかかりますから、できるだけ短い期間で支払えた方がお得です。
このように相続税は、税額が高くなることもあるのですが、これが払えないといったことはあまりないですし、これの納税で困ったときの対処法もありますから、これらをよく確認し、確実に納税してください。
参考:遺産相続サポート